トップページ > アレルギー症状の緩和 > アレルギー性疾患に対するDHA・EPAの効果

アレルギー性疾患に対するDHA・EPAの効果

アレルギー性疾患はここ20年ほどで急増した病気の代表です。


厚生労働省の「アレルギー疾患対策の方向性等」(平成23年8 月)によると、今や日本人の約2人に1 人が何らかのアレルギー疾患に悩まされていると推定しているのでこれは本当に社会問題といっていいと思います。


・気管支ぜんそく
・食物アレルギー
・花粉症
・アトピー性皮膚炎


確かにこうして並べてみるとアレルギー性疾患は私たちの身の回りに溢れてます。


アレルギー性疾患が急増している背景には遺伝的な体質や環境的な要因などが考えられるわけですが、食習慣に原因があるのでは?という説も有力なんですね。


すなわち高脂肪・高カロリーの動物性脂質およびリノール酸の摂り過ぎということです。


アレルギーを引き起こす原因としてはヒスタミンやロイコトリエン、PAFなどがあるわけですが、それらの多くは体内の脂肪酸から作られることがわかっています。特にリノール酸過剰によってアラキドン酸から生じるロイコトリエンは非常に強力でアレルギー症の要因になりうるものです。


こうしたアレルギーに対するDHAとEPAの効果というのは、リノール酸過剰によってアラキドン酸から生じるさまざまな生理活性物質の生産を抑制するということです。