トップページ > 血中コレステロールを下げる > 血中コレステロールを減少させて「質」も改善

血中コレステロールを減少させて「質」も改善

血流を悪くする原因のひとつがコレステロールです。血中にコレステロールが増えると血管の柔軟性が失われますし、血管壁に付着して血液の流れを邪魔するようになってきます。


コレステロール値を高いまま放置しておけば、やがてそれは血栓となり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になってしまうわけです。(中性脂肪においても同様のことがいえます。)


DHA・EPAの効果というのは、こうしたバランスが崩れた血中の脂質バランスを調整してくれることにありますが、こうした血中に増加してしまったコレステロールを下げてくれる働きも当然のようにあります。


もっといえば、DHA・EPAはコレステロール値を下げるだけではなく、コレステロールの「質」の改善にも役立ちます。どういうことかというと、血管壁に付着して動脈硬化の原因にもなるLDLコレステロール(悪玉)を減らし、血管壁の付着物を肝臓に持って帰ってくれるHDLコレステロール(善玉)を増やしてくれるんですね。


HDLコレステロールが多いほど余分なコレステロールを排除できるので、血栓もできなくなりますし、血管の劣化を防げるので動脈硬化になりにくくなるわけです。


要チェック コレステロール値が基準値を大幅に超えている!
要チェック 血中のLDLコレステロールの濃度が高い!
要チェック 動脈硬化指数が高い!


そんな人はDHA・EPAを積極的に摂取したほうがいいと思います。