トップページ > 高血圧を改善する > 血中EPA濃度が低いと高血圧になる理由

血中EPA濃度が低いと高血圧になる理由

血中のEPA濃度が低いと血液粘度が高まってドロドロになります。そしてこのドロドロ血が高血圧の原因の一つになっているというのをご存じでしょうか?


血中のEPAが不足すると、赤血球の柔軟性が失われます。赤血球から柔軟性が失われるとこれまではスムースに通り抜けていた細い毛細血管の筒にも引っかかるようになります。


赤血球が毛細血管の筒に引っかかるようになると当然血流が悪くなりますから、悪くなった血流をなんとか回復させようと心臓が圧力を増して血液を送り出してくるようになります。


これが血圧をあげる原因になってしまうんですね。


さらに、現代人の生活習慣病の原因のひとつ「リノール酸過剰の食生活」をおくっていると血管壁に血小板が付着しやすくなり、血管が狭まってきます。血管が詰まってくれば当然ですが、血流が悪くなりますからこれが原因でまた心臓ポンプの圧力が高まり、高血圧の原因になります。


(1) 赤血球が硬くなること
(2) 血管が狭まること


オメガ3系列の脂肪酸(DHA・EPA)が不足してしまうと以上の2つの問題が起こり、その影響として血圧が上がってしまうということなんです。塩分の取りすぎだけが高血圧の原因じゃないんですね。