トップページ > うつ病や精神を安定させる > 魚(DHA・EPA)を食べるとうつ病にならない!?

魚(DHA・EPA)を食べるとうつ病にならない!?

日本でもうつ病についてクローズアップされるようになりましたが、欧米をはじめとする先進国も例外ではなく、うつ病をはじめとする心の病を抱える患者が増えているといいます。


そんなうつ病に対してDHA・EPAが効果的という話があります。


というのも魚の消費量が多い国ほどうつ病になる人が少ないという相関関係をあらわしたデータ(1998年;Hibbeln)もあるくらいだからです。


他にもうつ病患者のうつの程度の差と赤血球膜の「アラキドン酸(AA)/EPA比」を調査したものでは、うつ病の程度が強いほど、アラキドン酸偏重になっており、うつ病の程度が軽いほどEPAの値が高いという相関関係が認められています。


また、うつ病に関連したものとしては自殺がありますが、これは魚を普段から食べている人は、そうでない人に比べて自殺率が少ないという関連性があることは日本はもちろんフィンランドやアメリカで行われた調査でわかっています。


こうした多くの実験や調査からうつ病に対してDHA・EPAの効果効能があるようだとわかっているわけですが、DHA・EPAを摂取することで脳内のセロトニンの働きを高めることができることがうつ病や自殺の抑制に影響しているのではないか?といわれています。